MENU

薄毛治療の種類とそれぞれの効果・期間

薄毛に悩み始めたら、まずはどの程度進行しているのかを見極めなければなりません。症状がごく軽い段階なら、生活習慣を整えて育毛剤などの育毛グッズを使用することで改善できる可能性もあります。

 

遺伝的要素を持っている人であっても実際に薄毛の症状につながっているのは後天的な要素であることが多いので、髪の毛の成長に良いとされる生活習慣を送ることが大切です。

 

薄毛がある程度進行している場合には、早急に専門の施設を頼るべきです。治療の効果は進み具合によって変わってきますので、自分で対処できない段階だと悟ったら、早めに治療を受けることが大切です。

 

治療法としては、内服薬と塗り薬を併用することが多いようです。内服薬には副作用があるという話もありますが、最初は少量から試すはずですし、医師の指導の元服用していくことになりますので、経過を注意深く観察しながら利用すれば大丈夫です。

 

効果が現れるのは少なくとも半年後からですので、それまではじっくりと治療を行っていくことが求められます。投薬を開始し始めると結果を急いでしまう人も多いのですが、飲み薬も塗り薬も即効性のあるものではありません。

 

最近では有効成分を頭皮に直接注入する治療法も出てきています。内服薬や外用薬と比べると比較的早いうちに効果が現れますので、費用もその分高めです。有効成分を直接注射すると、毛母細胞に対して強力に働きかけることができます。

 

死滅している毛母細胞でなければ反応しますので、髪の毛を生成する力や成長させる力が強くなります。薄毛の治療法にも色々ありますが、それぞれにどのような特徴や効果があり、費用的にはいくらぐらいかかるのかを調べてから選ぶことが大切です。

 

HARG療法は女性も受けられる発毛治療の方法です

近年の薄毛の原因としては、AGAと呼ばれる男性型脱毛症を発症している人が多いと考えられています。AGAが原因であるときには、年齢的に若い人であっても薄毛が目立つようになりますし、頭頂部や生え際などが薄くなっていく特徴があります。

 

AGAには専門の治療薬が開発されていますが、薄毛で悩んでいる人が全てAGAであるとは限りませんし、効果を得られるかどうかについては個人差もあります。

 

AGAやその他の円形脱毛症などの薄毛について効果的に治療できる方法としては、HARG療法という発毛法があります。HARG療法は自分自身の髪の毛を再生させることで、発毛効果を得ることができる毛髪再生医療と呼ばれる種類のものに該当します。

 

毛髪再生医療は発毛率がとても高いことがわかっており、一般的なAGA治療薬の場合には男性の薄毛にしか対応することができず、女性の場合には服用が禁止されていますが、HARG療法であれば女性の薄毛の場合であっても対応が可能です。

 

HARG治療センターにおける実績では、発毛率99%となっており、患者の満足度も高い治療が行われています。また、AGA治療薬の場合には割合は低いものとなりますが、数%の確立で副作用が生じる可能性があります。

 

AGA治療薬における副作用としては、性欲の減退や勃起不全などの症状が現れることがありますが、HARG療法であればそのような副作用の心配がなくなります。

 

女性が薄毛になってしまう原因は、生活習慣の乱れや老化、ストレス過多などが多いと考えられていますが、男性のときのような男性ホルモンが原因で薄毛になっているわけではありませんので、比較的早く改善できると言われています。

 

若はげの治療法は育毛剤や内服薬を用いる方法が一般的です

薄毛の問題が生じるのは、中高年になってからというイメージを持っている人も多いと言えますが、最近では若い世代のうちから髪の毛が薄くなる問題を抱えている人が増えています。
若はげを治療するための商品としては、育毛剤が代表的なものとなると言えます。

 

育毛剤とは現時点で生えている髪の毛を維持することや、脱毛を防止すること、細くなっている髪の毛を強化することを目的とした商品となります。薄毛に悩んでいる人は男性に多い傾向がありますが、男女兼用のものであったり、女性用の商品も登場しています。

 

育毛剤の場合には、含まれている成分が医療用として認可を受けているわけではありませんので、大半の商品の場合には医薬部外品に該当します。

 

効果ありAGA治療
若はげは一体何歳ぐらいから薄毛になりはじめたら言うのかという点については、定義付けは行われていませんが、おおむね10代から30代前半ごろまでに、薄毛が目立ちはじめたら若はげと考えて良いでしょう。

 

若はげを治療するポイントとしては、早期に治療を開始することが挙げられます。

 

薄毛になる原因としては、ストレスなどによって引き起こされていることも考えられますが、その場合には育毛剤や発毛剤、クリニックで処方を受けられる治療薬を利用することが一般的な改善法となります。

 

プロペシアなどの内服薬は、AGAが薄毛の原因のときには高い効果を発揮すると言われており、1年以内の薄毛の改善率としては、6割ほどの人が改善したというデータもあります。

更新履歴